中学を卒業して5年後に静岡の通信制高校に通いました

中学校3年生のときに不登校になり、そのまま学校に行かなくなりました

中学校3年生のときに不登校になり、そのまま学校に行かなくなりました想像していた以上に年齢層の幅が広かった自分と同じような境遇で学校に行けない人におすすめしたい

中学校3年生のときに不登校になり、そのまま学校に行かなくなりました。
先生や親からは受験して高校に行くことを進められましたが、当時の自分は精神的におかしくなっており、家から出ることができなくなっていたのです。
いわゆる引きこもりの状態であり、外に出るきっかけを見失ってそのまましばらく家の中で生活していました。
引きこもっている間は中学校に通っていた頃からの趣味だった創作小説の執筆やネットゲームなどを行っており、外に出ないほうが楽しいと感じていたのです。
不登校の原因がいじめだったこともあってか、両親が厳しく外に出るように叱るようなことはありませんでした。
けれども、本当なら高校を卒業している頃に祖母が亡くなってしまったのです。
おばあちゃんっ子というわけではなかったものの、引きこもってからは祖母と会うこともなかったです。
外に出て高校に行く生活をしていれば、祖母にももっと会っていたのだろうかと考えると何とも言えない感情になりましたし、今度は両親が亡くなってしまうかもしれないという考えに至りました。
祖母が亡くなってからもしばらくは行動を起こすことができていなかったのですが、ネットゲームで知り合った人が引きこもりから社会復帰できたという話を聞いたのです。
話を聞いていると今からでも遅くないと感じられ、色々と調べる中で通信制高校の存在に気がつきました。